ハロプロ楽曲データベースの作り方4【テーブルの継承】

ハロプロ楽曲データベースの作り方全目次 権利者テーブルの作成 前回の記事で、どのように複数アーティストに対応するかを見てきました。しかし複数人に対応しなければならないのは、アーティストだけではなく作詞家などの権利者(著作者)も同様です。早速、複数権利者に対応したテーブルを設計してみましょう。 まずは前回からの、アーティストを格納するテーブル群を掲載したいと思います

ハロプロ楽曲データベースの作り方3【列持ちテーブル解消編】

ハロプロ楽曲データベースの作り方全目次 複数アーティストにどのように対応するか WEBアプリケーションを作成する際に、いきなりコーディングから始めるという人はいないと思います。まずはデータの入れ物となるデータベースの設計を先行するのがプログラミングのお決まりです。 そこで最初に何も考えずに設計したテーブルは以下のようなものでした。 ID 楽曲名 アーティスト 作詞 作曲 編曲 000001

ハロプロ楽曲データベースの作り方2【きっかけ編】

ハロプロ楽曲データベースの作り方全目次 プログラミングド素人からの挑戦。きっかけは福田花音さんのブログ 作ろうと思ったきっかけは福田花音さんのブログでした。ハロプロの全楽曲を紙に書き出して覚えようというので、「なんて無謀な事をしているんだ」と思いましたし、ネット上でもこれは無理ゲーだなどという声が上がっており、到底一人の女性アイドルが完成できるようなシロモノでな

ハロプロ楽曲データベースの作り方1【目次】

ハロプロの全楽曲を検索できるHelloQLというシステムを運営しています。 現在ではだいぶ自分の思い描いていたサービスが出来上がりつつあり、このタイミングで制作過程を公表すれば、同じように音楽データベースを構築しようとしている方に役立つのではないか、また音楽データベースでないにしても設計に悩んでいる方の参考になればと思い、今回から数回に分けてデータベースの設計

【レポ】橋本慎×星部ショウ×児玉雨子×ぱいぱいでか美×北野篤 「聞きたい! 新世代のハロプロ作家の作詞作曲術!」

行ってきました。申し込みのきっかけは、ある日の夕食後twitterのTLをなんとなく眺めていたら、突如おもしろそうなイベントの告知TLが流れてきたので、躊躇する事無く即申込み。確かチケットはすぐに完売してしまい、追加販売もあったがそちらも即完売になってしまったと記憶。当日も立ち見が出るほどの大盛況。男女比は男9割、女1割という感じ 場所は下北沢駅近くの本屋B&