取扱い説明書の管理をどうすべきか

manual ライフハック
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

エンジニアならガジェット大好きですよね。管理人もガジェヲタなので数々の電化製品を所持しています。

しかし問題になってくるのが、それら電化製品のマニュアルをどのように管理するかという事です。なんとなくバインダーに閉じたり、なんとなくキャビネットに収納してカオス状態になっていませんか?

今日は管理人オススメの説明書管理方法をご紹介します。

基本的に捨てる

まず製品に付属してくる紙のマニュアルですが、基本的に捨ててOkです。

このインターネット全盛のご時世、製品のマニュアルはメーカーのWEBページからいつでもダウンロード出来ます。あえてかさばる紙の説明書を保管しておく必要は無いでしょう。

「製品のサポートページがいつなくなるかもしれないし不安」という場合は、マニュアルは製品を買った段階でダウンロードしておき、自分のパソコンのファイルに保管しておくなり、クラウドに上げるなりしておけば良いでしょう。管理人も、製品を買ったらEvernoteに保管するようにしています。

evernote_manual

「そもそも製品のWEBページがないよ」という場合は、紙のマニュアルをスキャンしてpdf化するかスマホで撮影してjpegで保管すれば良いと思います。

保証書だけ切り取って原本を保管

説明書を電子化してもOKなのですが、保証書の場合は原本を提出しないと効力を発揮しないという場合がほとんどです。なので保証書だけは切り取って保管します。

自分の場合は連番を振ったクリアファイルにレシートと一緒に保管して管理しています。

manual_file

連番を振ってあるのは、スプレッドシートやデータベースから検索出来るようにするためです。番号と製品名を対にして管理しておけば、後から楽に検索出来ます。

なんなら保証書も保管しなくても良いのかもしれません。多くの製品が保証期間を1年と定めていますが、今まで家電製品を使ってきて、1年以内に壊れた事なんてほとんどありません。皆無に等しい確率のために、一生懸命保管する労力を割くのは馬鹿馬鹿しく思えてきますが、自分は念の為上記方法を取っています。

以上、管理人の取扱説明書の管理方法についてでした。

コメント