nanaco

ハロプロのイベント代金はセブンとnanacoとkiigoの組み合わせでポイントゲット

ご存知の方も多いかとは思いますが、管理人はハロプロが好きなので、最近は回数は減ったものの、ちょくちょくコンサートやイベントに足を運んでいます。

ただ、ハロプロ関連のイベントは決して安くなく、比較的安価なバースデーイベントですら5千円は余裕で超えます。また複数の公演を申し込んだら、支払いが数万に上ることもザラです。

そんなコンサートやイベントの代金ですが、多くの方がコンビニで現金で支払っていると思います。クレジットカードで直接払えればベストなのですが、セブンイレブンの公式サイトにも書かれている通り、たいていのコンビニは公共料金の支払やら収納代行にクレカを使う事ができません。

ただ金額が金額だけに、この支払をクレカで払いたいという需要はあるかと思います。ポイントも貯まりますし、何よりも多額の現金を持ち歩くのはセキュリティ上避けたい所です。

そこで今回は、nanacoとkiigoを経由して間接的にクレカでイベント代金を支払う方法をご紹介します。

kiigoを経由すれば手持ちのクレカでnanacoチャージができる

先ほどのセブンイレブンの公式サイトをもう一度見てみると、代金収納サービスで現金以外で唯一使える支払方法がnanacoである事がわかります。

とすれば、なんとかしてクレカでnanacoにチャージできれば、間接的ではありますがクレカのポイントがつくことになります。そしてその方法が以前ご紹介したkiigoを使う手法です。

Kiigoでnanacoギフトコードを購入しそのコードをnanacoにチャージ、そしてそのnanacoで料金収納サービスを支払えば、間接的にではありますがクレカのポイントをゲット出来る訳です。

kiigo to nanaco

nanacoの上限金額を超えて支払は出来ない

この手法にはひとつ注意点がありまして、nanacoの上限金額は5万円なので、それを超える支払が出来ないという点です。

同じタイトルの公演を何公演も見に行かれる場合は、一回の支払が十数万円に上ることもあるかと思いますが、そういったケースでは利用出来ない手法となってしまいます。

逆にバースデーイベントなど、どんなに多くても同一公演は2公演という場合でしたら、余裕で使えるテクとなります。

まとめ

以上、kiigoを経由しnanacoにチャージしてハロプロのイベント代金を支払う方法をご紹介しました。

ハロプロのイベント代金は結構高額になる事が多く、それらの支払ももれなくポイント付与の対象にすれば、多くのワールドポイントをゲットする事が出来ます。結果として、自分の推しと会える機会も増えるかと思いますので、面倒かもしれませんがコツコツと貯めていきましょう。