ネームサーバーをさくらからAWSのRoute53にする方法


今回はドメインをRoute53に移管する前段階として、ネームサーバーをさくらからRoute53に移行する方法をご紹介いたします。

まずはRoute53にゾーンを作成する

ドメインをスムーズに移行させるためには、最初にネームサーバーの設定だけしておきます。まずはRoute53にホストを希望するドメインを入力し、ゾーンを作成します。

create_host_zone

レコード一覧には、デフォルトでネームサーバーの値と、SOAレコードの値が入っています。

さくらのネームサーバーの値をそっくり移植してくる

さくらのネームサーバーで設定していた値 (NS以外)をそっくりRoute53に移し替えます。

sakura_ns
route53_ns

ここで気をつけたいのがタイプをCNAMEにして値を@にしていた場合。Route53ではエイリアスという機能を使用して、他のレコードを選択します。

route53_alias

さくらのwhois情報からネームサーバーを変更

ネームサーバーの設定がすっかり終わったら、ドメインがRoute53のネームサーバーを使って名前解決するように、さくらのドメインメニューでネームサーバーを変更します。さくらのドメイン一覧の中のWHOIS情報から変更できます。

sakura_domain_list
sakura_change_ns

ネームサーバー情報に、Route53のNSレコードと同じものを4つ入力します。

sakura_change_ns

ネームサーバーの変更を確認する

Linuxをお使いの方でしたらdigコマンドで確認ができます。

dig あなたのドメイン名 NS
linux_dig

Route53のネームサーバーになっていたら変更完了です。


コメントを残す