エブリプラスカード、ビックカメラsuicaカード

ニート・ネット乞食が持つべき高還元率クレカは何か?

自分みたいにWEBでホソボソと活動している人は基本的にお金がなく、毎日生き延びるのが精一杯です。

「アルバイトや派遣をして収入を増やす」という方法も取りえますが時間がかかります。自分の場合、体力と気力のゲージが元々低いので、週に5日も働く自信がありません。サラリーマンの方って本当にスゴイっす…

支出を減らすというアプローチもあります。こちらは時間も労力もかかりませんし、お手軽といえばお手軽です。ただ支出を減らすのも限界がありまして、普通に生活するだけでもお金がかかるものです。風呂に入るのにシャンプーが必要ですし、夏になればG対策でコンバットも買わないといけないし、生きているだけでお金はかかるものです。

そこで第3のアプローチとして、買い物した時につくポイントを取り逃がさず、少しでも多くゲットして生活費の足しにする方法を考えていきたいと思います。ポイントと言ってもヨドバシとかビックカメラなどの特定店舗のやつではなく、今回はクレカで買い物すればどこでもつくカード会社のポイントの事を指します。

管理人が編み出した、還元率の高いカードを利用して多くのポイントを生み出し、それを生活の足しにする方法を紹介したいと思います。

たぶんニートでも持てるビックカメラsuicaカード

まず最初にオススメしたいのはビックカメラsuicaカードです。

ビックカメラsuicaカード

還元率は最大で1.5%

まずこのカードの還元率ですが、スイカにクレジットチャージやオートチャージをした場合は、利用金額に対して1.5%相当のポイントが付与されます(モバイルスイカへのチャージ含む)。

なので普段から電車を使う方でしたら、その電車賃に対して1.5%のポイントがゲット出来ます。「いや俺ヒキに近いニートだからあんまし電車乗らん」という場合でも、コンビニやスーパーでの支払いにクレジットチャージしたsuicaを使えば、1.5%還元されたのと同じ事になります。

ちなみにSuicaで支払いが出来ない店舗でクレカ決済した場合や、ネットでの支払いの時は還元率は1%(内訳はVIEWカードのポイントが0.5%、ビックカメラのポイントが0.5%)です。ここはよくあるクレカと同じ還元率ですので、特に見劣りする点は無いということになります(ビックカメラのポイントが貯まるので、ヨドバシ派の人は不便かも)。

年会費は無料な上に、何もしなくても年600円もらえる

年会費はカードの利用が年に1回以上あれば無料です。ここはニートにとって還元率云々よりも一番重要な所ですよね。

加えてVIEWカードには、利用明細を紙ではなくWEBにして、かつ請求が発生する月(明細書が発行される月)は50円相当のポイントが貰えるという特典があります。このため年会費は無料なのにも関わらず、年間最大600円相当貰える訳ですから、逆にカード会社から年会費をいただけるというおいしい現象が発生します。

注意したいのは、このポイントは請求が発生する月のみ得られるという事です。なので携帯の支払いをこのカードにしておくなど、コンスタントにカード払いすると良いでしょう。

お金がピンチの時は後から分割払いにできる

「今月はピンチだから支払いを先延ばしにしたい」というケースもあるかと思います。他のクレカ会社でも同様の事はできますが、VIEWカードはWEB上から支払い方法の変更が可能です。

面白いのは、suicaのチャージですら分割払いに出来るという点です。試しに、東京駅でオートチャージした2000円の支払いを2回払いにしてみました。

オートチャージを分割払いにする

店舗での決済時に分割払いにするのは一般的なのかもしれませんが、suicaのチャージを分割で支払えるというのは面白い点であります。

審査は?ニートでも持てるの?

ビックカメラsuicaカードの利点について色々と述べてきましたが、そもそも審査に通らないと持てませんよね。果たしてニートでもこのカードは持てるのでしょうか?

自分の場合、大学生の時に初めてVIEWカードを作りました。その後リーマンになってからいくつかクレカを作り、会社辞めて青色事業者になってからビックVIEWカードを申し込んだのですが、問題なく通りました。職業が「自営業」で、かつクレジットヒストリー(クレヒス)があるのならば問題ないかもしれません。

ただクレヒスも収入もない真性のニート(他に良い言い方が見つからなかった…気を悪くされたらゴメンナサイ)の方が申し込むのはちょっとキツイかもしれません。アフィリエイトやせどりなどで収入があるニートの方でも、職業欄が「無職」だと通らないかもしれません。

ネット収入があるけど無職だよっていう人は、とりあえず税務署に開業届だけ出して自営業者になり、職業を自営業と申告すれば良いと思います。たぶんカード会社から詳しい職種について電話がかかってくると思いますので、「フリーランスのWEBプログラマです」とでも答えておけば大丈夫でしょう。

還元率1.5%のエブリプラスカード

次にオススメしたいのは三井住友エブリプラスカードです。

エブリプラスカード

還元率はどこでも1.5%

このカードの最大の特徴はリボ払い専用カードであるものの、金利が発生した時は還元率が1.5%であるという点にあります。

先ほど紹介したビックカメラsuicaカードは、「suicaで支払った場合」のみ1.5%が還元され、通常のカード決済の場合は1%還元でした。しかもそのうちの0.5%はビックポイントで還元されるので、ビックカメラを使わない方だとやや不便な面がありました。ネットでの支払いも、多くの場合suicaでは支払えませんので、やはり還元率は1%になってしまい、完全に高還元率であるとは言い切れませんでした。

しかしエブリプラスカードならば、ネットでも店舗でもクレカ決済をすればどこでも1.5%還元されるので、場所を選ばずに使える非常に便利かつお得なカードであります。

注意していただきたいのは、このカードはリボ払い専用であるという点と、金利が発生した場合のみ1.5%還元されるという点です。なので普通に使ってしまうと得られるポイント以上に金利がかかりますし、かと言って金利が発生しないように使うとポイントが1.5%にならないというドラクエでいうと諸刃の剣みたいなカードなんです。

ですがこのカードを運営する三井住友カードは、リボ払いにおける毎月の支払金額をネット上で調整できるマイ・ペイすリボというシステムがあり、金利がギリギリ発生するように毎月の支払額を調整すれば、実質一回払いでも還元率1.5%にする事ができるのです。

支払い金額の調整方法については下記記事を参考にしていただければと思います。

Amazonなど特定ネットショッピングは更に還元率アップ

ポイントアップモール

三井住友カードにはポイントUPモールという、提携しているECサイトならば還元率が更に上がるシステムがあります。利用方法は至って簡単で、ログインしたあとリンクを踏んで買い物をすれば自動的に還元率がアップします。

一例を挙げると、ニートの皆さん大好きAmazonの場合だと、還元率が0.5%上乗せされます。なので合計で2%還元されるので、Amazon Mastercard Goldに肉薄する還元率となります。この他にも高還元率のECサイトがあるので、ポイントアップモールをちょくちょく覗いてみてお得に買えるサイトを見つけるのも良いと思います。

付帯カードのiDがかなり便利

みなさんは普段、電子マネーは何をお使いですか?発行数で考えるとsuicaなどの交通系カードを使っている方が多いと思います。

三井住友カードには付帯カードとしてiDが発行でき、エブリプラスも例外なく発行できます。

このiDがかなりの便利もので、suicaと違って事前のチャージを必要としないポストペイ型の電子マネーなので、残高を気にせずサクサクと買い物が出来ます。

最近のコンビニはカード払いが出来る所が多くなっているので、決済にエブリプラスカードを出しても良いのですが、タッチして終了するiDの方がはるかに使い勝手が良いです。発行手数料も年会費もかかりませんので、カード申込時に忘れずに発行しておいた方が良いと思います。

審査は?ニートでも持てるの?

気になるエブリプラスカードの審査ですが、発行元の三井住友カードは銀行系のカードですので、審査はかなり厳し目です。無職の方で、今までカードを持ったことが無い方の場合、間違いなく審査に落ちると思います。

管理人の場合、リーマンを辞めて青色申告事業者になり、年収100万のパート従業員(当時は生活費の足しにバイトをしていた)として別の三井住友カードの発行をしましたが、限度額10万円でギリ通りました。恐らく長年クレカを使っていたので、クレヒスが評価されたのだと思います。

その後エブリプラスカードも限度額50万円で発行できました。この時は既に所持していた三井住友カードで遅滞なく毎月支払っていたので、そこが評価されたのだと思います。同居している家族の日用品購入など、コンスタントに毎月10万くらい使っていたのも評価されたと思っています。

ですので、まだクレカを所持されていない方でしたら最初にビックカメラsuicaカードを作り、半年〜1年ほどクレヒスを磨いてから申し込むのが良いと思います。

オススメはビックとエブリの二刀流

エブリプラスカード、ビックカメラsuicaカード

ビックカメラsuicaカードと、エブリプラスカードどちらを持てば良いのでしょうか?結論から言うと普段から電車を使うのならば両方持つ、電車を使わないのならばエブリで十分と言えます。

まずビックカメラsuicaカードですが、suicaでの支払いでないと1.5%還元されないのが問題でした。なのでエブリプラスカードの出番となった訳ですが、エブリプラスカードにも弱点がありまして、モバイルスイカでのクレジットチャージではポイントが一切還元されない、すなわち還元率0%となってしまうのです。

なのでsuicaへのチャージはビックカメラsuicaカードで行い(クレカ払いならば券売機orモバイルどちらでもOK)、その他の買い物はエブリで行うという支払い方法が一番お得という事になります。

普段、車や自転車移動でsuicaの出番がないという方でしたらエブリだけでも良いと思います。あまり何枚もカードを作ると管理が大変ですし、カードの利用はなるべく集約させておくべきです。エブリプラスカードの場合、年間の利用金額に応じてボーナスポイントもつきますし、やはり利用はまとめた方が吉ということになります。

あとは忘れずに、三井住友カードのHPから毎月の支払金額を調整するのを忘れなければ大丈夫です。この作業を忘れると年利15%の金利がかかってしまうので、毎月必ず調整して下さい。

まとめ

以上で、ニート・ネット乞食が持つべきカードの紹介を終えたいと思います。これらは全て自分が普段から実践しているカードの利用方法であり、この方法で毎月コンスタントに2000円相当くらいはポイントをゲット出来ています。

繰り返しになりますが、上の2つのカードは共に年会費はかかりませんし、発行さえできればすぐに実践できます。毎日の生活の中で少しでもポイントで節約していきたい人は、是非ともお試し下さい。