WordPressのテーマをdocker-composeを使ってお手軽に開発しよう


WordPressのテーマを開発する際、WordPressに限った話でもないんですけど、環境構築って意外と面倒な作業だったりします。

本番環境のレンサバにFTPでファイルを上げて確認するのも芸の無い話ですし、かと言ってVirtualBoxとかVagrantを使うのも仰々しいし… そこで自分はdocker-composeを使っています。

dockerの詳しい説明は省略しますが、VirtualBoxみたいなハイパバイザー型の仮想化に比べて軽量に動くし、起動も早いのでカジュアルに仮想環境を構築できます。

dockerを使うときは予め作成されたイメージ(VirtualBoxで言うと元になるOSみたいなもの)を利用することが多く、WordPressのオフィシャルのイメージもあるのでそれを使えば良いのですが、ご存知WordPressはMySQLをデータベースとして使うので、そのイメージも一緒に使わないと動かない訳です。

でも2つのコンテナを同時にコマンドで起動するものダルい、管理が大変…という事で、複数のコンテナを管理できるdocker-composeを使うのが良い方法です。

仕組みは簡単で、決められた形式でyamlファイルに、使うイメージやらオプションやらを記述するだけ。WindowsもしくはMacのdockerをお使いなら、docker-composeもおまけでついてくるので、特にインストールする事なく使えます。

自分が使っている、wordpress用のyamlファイルも公開しておきます。GitHubリポジトリにも上げております。

使い方は至って簡単で、このyamlファイルと同一ディレクトリ内にthemeディレクトリを作り、その中で開発をするだけです。

docker-composeの起動方法はターミナルから

docker-compose up

で起動できます。最初はイメージをダウンロードするのに3分ほどかかりますが、2回目以降はものの数秒で立ち上がります。

停止する場合はctrcの同時押し。もしくは

docker-compose stop

です。

今回の場合、http://localhost:8080にブラウザでアクセスすれば、WordPressが立ち上がっているはずです。


コメントを残す