station

JRの普通切符をクレジットカードで買う方法

首都圏の移動のお供といえばSuica。多くの方が利用なさっていると思います。

またVIEW Suicaカードでクレジットチャージすれば、1.5%分がキャッシュバックされますし、オートチャージにも対応しているので面倒なチャージの手間も要らず、お得にかつ便利に首都圏の交通を利用出来ます。

管理人も普段はビックカメラSuicaカードを愛用しております。

bic_view_suica

他のメインカードにポイントを付けたい場合はどうするか

このビックカメラSuicaカードなのですがメインカードとしてもそれなりに優秀で、スイカのチャージやみどりの窓口で使えば還元率は1.5%と比較的高い部類に入ります。通常のショッピングでもVIEWポイントが0.5%、ビックカメラのポイントが0.5%と合計1%貯まりますので、まぁまぁ使えるカードであると言えます。

しかし中には「自分はどうしてもJALカードでマイレージを貯めたい!」とか、「ハロプロカードでメンバーとツーショットチェキを撮りたい!」、「俺様のカードはどこでも還元率1.5%を誇る!」などといった理由から、カードのポイントを一元化したいという需要もあるでしょう。そうした時に、普段メインで使っているカードとVIEWカードを分けてしまうとポイントが分散されてしまい、思うようにマイレージやメインで使っているカードのポイントが貯まらないという事になります。

そこでオススメの方法が、JRの指定席券売機でクレジットカードで切符を購入するという方法です。

指定席券売機でJR普通乗車券がクレカで買える

JRの指定席券売機というと新幹線や特急列車の切符を買うための券売機というイメージがありますが、いわゆる鈍行の切符も購入することが出来ます。またVISAやMaster、JCB、更にはAMEXやDINERSのカードにも対応している券売機です。

指定席券売機ってどれ?という方もいるかと思いますが、通常の切符を買う券売機が緑や黒なのに対し、指定席券売機は紫色をした券売機で、だいたい端っこの方に設置されています。

操作画面については指定席券売機でできることに掲載があります。画面一番右下の「乗車券」を選択し、出発駅と到着駅の入力し、出発日と片道・往復を選択すれば購入完了です。

最初は戸惑うかもしれませんが、慣れてくるとものの1分程度で購入出来るようになります。また普通の券売機とは異なり出発日を選択出来るので、時間のある時に事前に購入しておくという方法も出来ます。それに復路の切符も同時に購入出来るので、トータルで考えるとそこまで時間がかかるわけではありません。

ちなみに実際に購入した切符がコチラ

train_ticket

新幹線の切符と同じサイズなので紛失しにくいですし、なんとなく高級感もあります(笑)。

券売機では私鉄との連絡切符購入は不可

首都圏の移動ですとJRと私鉄を乗り継いて移動する事も多いと思いますが、残念ながら指定席券売機では連絡切符を購入する事は出来ません。

なので管理人はJR区間は指定席券売機で購入し、私鉄区間はSuicaで乗車するようにしています。このルールで運用すると、間違えてJRの改札でSuicaとか出しそうになったりするんで注意が必要なのですが…

ただ100%連絡切符が購入出来ない訳ではありません。みどりの窓口(有人の窓口)で購入すれば私鉄との連絡切符が購入出来ます。ただしみどりの窓口は年がら年中長蛇の列ができていますし、そこまでしてマイレージやポイントにこだわらなくても良いような…という気がします。対面の窓口で購入する訳ですから、駅員さんに白い目で見られる恐れもあります(笑)

「俺は何がなんでもマイレージを取りこぼさずに貯めるんだ!」という猛者だけが出来るテクニックではないでしょうか(笑)