UP-FRONT INTERNATIONALカードが名称変更へ。むしろ旧名称に戻ったと言った方が正確か…


本日自宅に届いたハロプロからのお知らせ(通称・青封筒)に、「必ずお読み下さい」と書かれた見慣れぬ紙が入っておりました。

upfrontインターナショナル

Hello! Project及びM-line clubのスペシャル会員になるのに必須なUP-FRONT INTERNATIONALカードが名称を変更し、「Hello! Projectカード」となるそうです。

現在判明している変更点は、カードの名称変更、デザインが2パターンから選べる(ブラウン・グリーン)、Hello! Projectカードという名称になってもM-line clubと共通したカードになるという事くらいです。限度額変更や新しい特典などもあるのかもしれませんが、今後の発表に期待したい所です(全く無い可能性も高いですが…)。

実はこの新名称、現在のUP-FRONT INTERNATIONALカードの前身と同じであり、ある意味「元の名称に戻った」と言ったほうが正確かもしれません。

そもそもなぜ、現在のカードが「UP-FRONT INTERNATIONALカード」という名称なのかというと、M-line club新設に伴い「ハロプロ」というカードの名称ではM-lineには対応していないかのようで整合性が取れないという事からでした。なので今回の名称変更は、せっかく名称変更して両ファンクラブに対応したのに、その変更を台無しにしかねないよくわからないものであると言えます。名称変更した当時のお知らせが残っていますので過去のアナウンスも参照して下さい。

まぁM-lineも創設からかなり時間が経ち、右肩上がりで新規加入者が増えているという訳でないので大きな混乱は無いのかもしれません。道重さゆみと℃−uteのファンもすっかり加入しきって、加入者数も落ち着いているのでしょう。

今回の名称変更の真の目的は?20周年企画とも関連はあるのか?

では今回の名称変更にはどんな目的があるのでしょうか。カードデザインを2パターンにするとの事ですが、それはそれなりにお金のかかる事であります。商売である以上、コストをかけるという事は利益を見込んでいる訳で、すなわち新規加入者の増加を目論んでいる事は間違いありません。

また名称をHello! Projectカードに戻す訳ですから、当然M-lineよりハロプロのスペシャル会員数を伸ばしたい事は明白であります。ハロプロは来年20周年を迎えるにあたり、先日ヲタ同士でも諸説紛紛あった移籍騒動があったばかりですが、今回のカード名称変更も20周年記念を盛り上げるための一環で、今後またさらに大きな発表が待ち構えているのかもしれません。


コメントを残す