マイ・ペイすリボで最低金利を発生させる方法(15日締めカード向け)


マイ・ペイすリボで最低金利を発生させる方法(月末締めカード向け)

上の記事でマイ・ペイすリボの開始方法、メリットなどを解説させていただきました。しかし、この記事は月末締め翌月26日払いのカードを想定した記事だったので、やはり15日締め翌月10日払いのカードのケースも解説が必要だろうという事で今回記事にさせていただきます。

ただ基本的な考え方は月末締めのカードと変わらないので、差異のある支払いの流れ・金利の計算方法についてのみ書かせていただきました。ですのでマイ・ペイすリボについて全くわからないという方は前回の記事もご覧になって下さい。

前回同様にシュミレーションを通して解説してきたいと思います。

マイ・ペイすリボシュミレーション

早速ではありますが15日締めの場合のシュミレーションを行っていきたいと思います。シュミレーション内容としては以下の通りです。

  • マイ・ペイすリボ支払い金額は5,000円に設定
  • 2017年4月16日〜同年5月15日の買物合計額が30,500円
  • 2017年5月16日〜同年6月15日の買物合計額が40,000円

15日締めから確定メールが到達するまで

4月16日〜5月15日の買物合計額が30,500円でしたのでこれをカレンダーと合わせて見ていきたいと思います。

マイ・ペイす4月
マイ・ペイす5月

15日締めのカードの集計期間は16日〜翌月15日の間で、集計終了日の10日後にあたる25日頃に金額確定メールが来ます。この確定金額は初回に設定したリボ払い支払い金額5,000円である旨が通知されます。

支払い金額の変更

もちろんこのままですと6月12日の支払い(通常は10日引き落しであるが、2017年6月10日は土曜日なので次の営業日の12日に変わる)は5,000円のみになり、残額の25,500円に対して利息が発生してしまいます。これは大変よろしくない事ですので、Vpassにログインし、マイ・ペイすリボのメニューから支払金額の増額を申請します。

マイ・ペイす増額

増額したい金額を入力します。

増額申請

5,000円が支払金額に設定されているとしたので、それに上乗せしたい金額を入力するのですが、この金額設定が要注意箇所であります。

1円以上金利を発生させる計算

30,500円の支払いに対して、当初は5,000円の支払いだったのを増額するのに多くの方は「少しでも金利を抑えたい」と考えるのが普通でしょう。マイ・ペイすリボの増額は1,000円単位での申し込みなので25,000円上乗せして30,000円支払い、残額が500円になるようにしようとお考えかと思いますがこれが大きな間違いであります。

下のカレンダーを見てもらうとおわかりかと思いますが、6月12日に銀行引き落しが完了すると、残高に対する4月分の金利で7月に支払う分は6月13日〜6月15日の3日間しかかからない事になります。

マイ・ペイす6月

もしもここで残高500円としてしまうと、500×金利0.15%÷365日×3日ですので、0.616円となってしまい1円以上の金利が発生しません。マイ・ペイすリボにおいてポイントが2倍となる条件は金利が発生する事でしたので、これではポイントが2倍とはなりません。4月分の金利は7月に支払うので、7月の支払い時のポイントが2倍ではなくなります。

ではいくらに設定すれば良いかというと金利計算を逆算すればよく、1円の金利を発生させるのならば1円÷3日×365日÷0.15ですので811.1111となり初回は812円以上残高に設定すれば良いということになります。

もちろん今回は当初の支払日が土曜日だったために3日間となってしまった訳ですが、10日が銀行の営業日ならば5日間金利発生期間がありますので、もっと少なくて済みます。一応計算しておきますと、1円÷5日×365日÷0.15ですので487円以上の残高で事足ります。

ただ非常に特殊ですが、10日が土曜日で次の月曜日が祝日という場合は支払日は13日となり、金利発生期間が2日間となるケースも存在します。2015年1月の例です。

マイ・ペイすリボ2015年1月

この場合金利を逆算すると、1円÷2日×365日÷0.15で1217円以上必要ということになります。めったに無いケースですが、こういったレアケースも考慮すると初回は残金を2,000円以上にするのが安全だと思います。

以上の点を考慮し、今回は2,000円以上の残高にするために23,000円追加で支払うことにします。そうすると金利は残金2,500円×0.15÷365×3ですので3円の金利を7月10日に支払うことになります。これで無事に7月はポイント2倍ゲットできそうです。

6月のシュミレーションもしてみましょう。6月のカレンダーをもう一度載せます。

マイ・ペイす6月

マイ・ペイすリボ2017年7月

6月25日頃になるとまた支払金額を通知するメールが来ます。5月分は40,000円の買物をしさらにリボ払いの残高2,500円がありますのでトータル42,500円となります。しかし今回は前回と異なり、支払い残額設定にシビアになる必要はありません。なぜならば4月分からの残高2,500円に対する金利対象期間が続いており、既に2,500×0.15÷365×25日(6月16日〜7月10日)の25円の金利発生が確定しているからです。

ですので7月10日に支払う金額を42,000円とし残高500円としても、先ほどの25円に加えて、7月11日から15日の5日分の金利1円(500×0.15÷365×5)が発生するので、8月もポイント2倍ゲットできる公算となります。繰り返しますが、2回目以降の支払いは金額にそこまでシビアになる必要はないのです。

と言っても残高があまりにも少なくては金利は発生しませんので計算しておきましょう。うるう年でない2月が28日間であることを考慮すると、1円÷28日×365日÷0.15の87円以上必要となります。細かい数字は覚えにくいので、2回目以降の支払いは100円以上になるように設定するというルールで行けば良いのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか。何やら細かい計算式まで出したので読むのが億劫になりそうですが、結論を申し上げると

  • 初回の支払いは残高2,000円程度になるように増額or減額を申し込む
  • 2回目以降は残高100円さえあれば良い

の3点となります。あとは毎月Vpassにログインして忘れずに増額or減額をすれば良いだけです。自分も最初は設定し忘れが怖かったのですが、もうルーティーンみたいになってなっていて億劫になりませんし、心配な方はカレンダーに「残額設定!」とでも書いておけば良いのではないでしょうか。


コメントを残す