no-image

関東在住のハロヲタ向けJR定期券の購入とsuicaオートチャージの設定方法

こちらでご紹介したハロヲタ向けワールドポイント取得法ですが、モバイルスイカのチャージはポイント付与対象外であります。なのでモバイルスイカをいくら使っても、推しメンとのツーショットは一向に撮れません。

not_including_mobile_suica

またモバイルスイカのチャージと同じくモバイルスイカ定期券・特急券の購入もポイント対象外であることに注意して下さい。しかし逆に言うとモバイルでない定期券と特急券、いわゆる普通のsuica定期券や紙の特急券はポイント付与の対象となります。

なのでsuica定期券はハロプロカードで購入して問題ありません。ただしハロプロカードからはどう頑張ってもsuicaへのクレジットチャージが出来ませんので、現金でチャージするかVIEWカードを使ってチャージすることになります。

しかし関東在住ですと平日祝日問わず現場が沢山ありますので、頻繁にsuicaへチャージする機会があると思います。そうなるとオートチャージを使いたいところですが、オートチャージはVIEWカードが必須となります。そこでハロヲタ向けのVIEWカードを紹介したいと思うのですが、ズバリおすすめはビックカメラSuicaカードです。

ビックカメラSuicaカードの特徴

ビックポイントからsuicaにチャージできる

このカードはVIEWカードの中でも数少ない実質年会費無料のカードであり、保有コストを最大限に抑えながら所持することが出来ます。加えてビックカメラのポイントをsuicaにチャージ出来るので、bicビックカメラで日用品を購入し、ポイントはスイカにチャージするようにするのです。

何故そうするのかと言うと、ハロプロカードで極力カード決済したいので、ビックのポイントは買い物では使わずsuicaチャージに使えば、ハロプロカードの利用額を最大限に伸ばすことが出来るからです。

suica定期券とリンクができる

ハロプロカードで購入したsuica定期券とビックカードをリンクさせることにより、suica定期券にオートチャージ機能をもたせることが出来ます。

もちろんビックポイントをsuica定期券にチャージすることも出来ます。詳しくはJR東日本のHPをご覧ください。

以上を図解すると以下のようになります。

また普段定期を使わない方は、bic suicaカード一枚あれば十分でしょう。

以上でJR定期券とsuicaオートチャージの設定の解説を終わりにしたいと思います。PASMO定期券を使っている方もこのやり方を応用して、定期はアップフロントカードで購入し、オートチャージは東急カードや京急カードを使って設定すれば行けると思います。各自ご自身の環境に合った方法を探してみて下さい。