LinuxでUSBメモリのパーティションを完全に削除する方法

以前の記事で、UbuntuなどのLinuxディストロをインストールするため、ブータブルUSBメモリの作成方法をご紹介いたしました。

LinuxからコマンドラインでブータブルUSBメモリを作成する方法

そうやって作成したブータブルUSBメモリも、Linuxディストロをインストールした後は通常のUSBメモリとして使いたいところです。しかし使用後のUSBメモリの中身を見ていると、パーティションで区切られていて、データの持ち運びに適さない状態になっていたりします。

そこで今回は、LinuxのコマンドラインからUSBメモリのパーティションを完全に削除する方法をご紹介します。

続きを読む

レノボE480にUbuntu18.04をインストールしてみた

管理人ははこれまでインテルのNUCに23インチモニタを3台、HHKBのキーボードにロジクールのトラックボールという構成で開発を進めてきました。

大きいモニタでかつ複数枚で開発をすれば、文字が大きいので目が疲れませんし、ウィンドウをいくつも並べられるので作業効率が高かったりといい事づくしです。

ただ最近、自分はミニマリストを目指しているという事もあり、モノで溢れた生活を送るのは止めていこうという方針で生きています。なのでモニタを何台も並べて使うというのは、電気代を考慮してもあまりよろしくない… また、いつでも・どこでも開発できる体制を整えておけば、コンサートの開演前とか、病院の待ち時間の合間に開発ができて時間を有効に使えるだろうという事で、今回開発環境をラップトップ一台にするという大改革を行ってみました。

続きを読む